ダークサイドにようこそ!

旅行 / 散歩 / プログラミング / 映像制作 / ブレイクダンス

プログラミング

TouchDesignerを再インストールしたらコマーシャルライセンスが適用できなくなった話(と換算レートの話)

先日、TouchDesignerのコマーシャルライセンス(COMMERCIAL)を購入しました。さっそくKey Managerにてライセンスの適用をしたのですが、その後にTDのバージョンを更新したくなり新しいものをインストールして改めてライセンスを適用しようとしたところ一覧…

【Vue.js】Vue CLIとVuetifyでポートフォリオサイトを作り直した(らハマった)

私のポートフォリオサイトをリニューアルしました!旧ポートフォリオはずっと放置していたので約8年ぶりです。散らばっていた情報をまとめたぐらいですが、よかったら見てください。ついでに制作依頼お待ちしております(変なことしかできませんが)。 follo…

【TouchDesigner】Table DATに保持されているRamp TOPカラーキーフレームの値を他のCHOPから参照したい(お手軽に)

Ramp TOPのカラーキーフレーム値を他のCHOPから引っ張ってきた値にして、色のグラデーションをぐわんぐわんさせたいなとなりました。ただしカラーキーフレーム値が保持されているTable DAT内に「op('constant1')['chan1']」的なものを記述してもRamp TOP側に…

【p5.js】p5.createLoopを使用しスケッチをGIFファイルとして出力する

p5.jsで作成したスケッチを動画として保存したくなりました。p5.createLoopというライブラリを使用するとGIFファイルとして保存できるようなのでその備忘録。 github.com 基本的にはREADMEを参照すればokです。まずはp5.jsとは別にHTML内にて下記スクリプト…

【Mac】シェルスクリプトでcondaの仮想環境切り替え→Pythonスクリプト実行を自動化した

機械学習する時に同時並行でよく使うPythonの処理があるのですが、毎回condaで仮想環境を切り替えて実行というのが面倒だったのでシェルスクリプトで自動化しました。その過程でちょっと詰まったので備忘録として残しておきます。 #!/bin/shconda activate …

TouchDesignerで作成した透過素材をDaVinci Resolveで読み込む

TouchDesignerにてHap(Q)で書き出した背景透過の動画素材をDaVinci Resolveで読み込もうとしたのですが、DaVinciではHap形式に対応していないらしく読み込めませんでした。ただ、GoPro-Cineformで書き出すと透過素材として読み込める模様(GoProって表記見て…

【A-Frame】iPhoneのLiDARでスキャンした3DモデルをWebブラウザ上で見れるようにする【Three.js】

※こちらはWebグラフィックス Advent Calendar 2021 22日目の記事です。 新しめのiPhoneやiPad(の一部)にはLiDAR(Light Detection and Ranging)という光を用いたリモートセンシング技術が搭載されており、対応アプリをインストールすると誰でもお手軽に3D…

【Blender】ColaboratoryでGPUを使用してレンダリングすると失敗する

BlenderのレンダリングがオンラインのPython実行環境であるGoogle Colaboratoryでもできると聞いて試してみました(Colabだと無料GPUが使えるので人によっては速くなるかも)。 colab.research.google.com 「Blender Colab」でググって一番始めにヒットした…

【AI Art】GANを使ってGenerativeな作品を作ろう

※こちらは創作+機械学習 Advent Calendar 2021 10日目の記事です。 まずは以下の画像をご覧ください。 こちらの方が誰かご存知でしょうか? なんとこの人は現実には存在しないAIが生成した画像なんです(というGANでよく聞く謳い文句)。機械学習、特に中で…

StyleGAN3で色々と遊んでみた ~TouchDesignerによる加工や偽シャニマスなど~

最近公開された(2021年10月ぐらい)Nvidia社のStyleGAN3で遊んでみたのでその備忘録や作例をご紹介。 github.com nvlabs.github.io 以下はarXivにある論文「Alias-Free Generative Adversarial Networks」のAbstractより抜粋。 We observe that despite the…

【p5.js】TensorFlow.jsを使用したサンプルコードを色々公開しました

こちらはProcessing Advent Calendar 2021 9日目の記事です(間違えて12/8に予約投稿してしまいました泣)。 TensorFlowは機械学習界隈でよく使われるライブラリの1つですが、それをJavaScriptでも使用できるようにしたのがTensorFlow.jsです。TensorFlow.js…

DanceAIの新作映像「THE FRESHEST AI」を制作しました

“THE FRESHEST AI”HIPHOPカルチャーにおいても重要視されているオリジナリティーを題材にした #DanceAI の新作です!独創的なスタイルを武器に世界でも活躍されている @kazukiroc @OKA_SHADE のお二人にもご協力いただきました。Full ver.https://t.co/ddHj2…

Google ColabのTensorFlowがVer2.5.0にアップデートされKerasで書いたコードが動かなくなった

※個人的な備忘録記事です。 1ヶ月前ぐらいの話なんですが、Google ColabのTensorFlowのバージョンが2.5.0にアップデートされた影響でKerasも強制的にアップデートされてしまうようになったらしい。その影響でKerasで書いたコードの一部が動かなくなってしま…

PhotonのJavaScript用SDKを使って開発するまでの流れ

Photonとはマルチプレイヤーゲームを実現するためのSDKやサーバーアプリケーション等を含むプラットフォームです(用途はゲームに限らないけど)。ただJavaScript用(ウェブアプリケーション)に開発する場合、Unity用の専用パッケージ(PUN)のようなものは…

【Babylon.js】Babylon Editor Toolkitの導入メモ【Unity】

Unityで作成したSceneをWeb向けレンダリングエンジンであるBabylon.jsで扱うためのBabylon Editor Toolkit導入メモです。公式チュートリアルは以下ですがちょっと分かりにくいので本記事で補足します。ちなみに私はUnityもBabylon.jsもよく分かっていません…

【ダンス×機械学習】「BreakGAN feat. BBOY STEEZ」という映像作品を制作しました【Breaking】

人間 vs AIによるダンスバトルをテーマにした映像作品「BreakGAN feat. BBOY STEEZ - Generative Breaking by Deep Learning」を制作しました。 youtu.be 本作品の制作にあたり、世界的にも有名なブレイクダンサーであるBBOY STEEZさんやリスペクトするクリ…

【AzureKinect】透過スクリーンを使用したネタ検証【TouchDesigner】

透過型のスクリーンを使用したネタを検証しています。 fire dancer test#azurekinect #touchdesigner #nvidiaflow #toprock #designium #chikob pic.twitter.com/qc66hVN1gd — 黎明hahTD (@eatora22) 2020年8月28日 youtu.be youtu.be Azure Kinectで取得し…

【TouchDesigner】BigGANを使った小ネタ映像たちを紹介

youtu.be まずはSlit Scanを使ったネタ、反転も入れました。楽曲は青山くんです。 hahaeatora.hateblo.jp youtu.be こちらは線が浮き出るやつ(参考にしたチュートリアルによると「Engraved Lines」)。GLSLも書いています。 線といえば昔openFrameworksで作…

【Windows10】同一環境に複数バージョンのCUDAをインストールした話

YOLACT++用の環境を構築するにあたって普段使用していたものと別バージョンのCUDAを入れる必要があったので備忘録です(以下の記事でも触れていますがこちらにも残しておきます)。 note.com といっても特別な対応は必要なくて、写真のようにバージョンごと…

【情動状態】2020年度人工知能学会全国大会(JSAI 2020)にてダンスAIに関する発表を行います

こんにちは! 6/11(木)に行われるJSAI2020のオーガナイズドセッション「創作者と人工知能が創る創作の未来」にてダンスAIに関する発表を行います。情動状態ネタです。 hahaeatora.hateblo.jp 今年はコロナの影響もありオンライン開催となりました。参加予…

【機械学習】AIに自分のダンスを学習させてみました【BreakGAN】

AIにBBOYでもある自分のダンスを学習させて映像を生成してみました。 youtu.be こちらはPGGAN(Progressive Growing of GANs)に私のダンスを学習させて生成した映像です。ちなみに流れている音楽(ドラムビート)もDrumsRNNという機械学習モデルが生成しま…

Google Earthで時空断裂的に東海道五十三次を旅してみました

みなさん東海道五十三次はご存知ですか? 有名なのでなんとなくは知っているという方が多いと思いますが、ウィキペディアの説明も引用しておきます。 東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)は、江戸時代に整備された五街道の一つ、東海道にある53…

【BigGAN】機械学習によるサンプリング的発想な映像制作

GAN(Generative Adversarial Network)の手法の一つであるBigGANの学習済みモデルを用いた映像を制作しました。 youtu.be 「生物の進化」や「生物地球化学的循環」といったキーワードをテーマに制作した映像です。さらにかの有名な「Fatboy Slim - Right He…

【機械学習】セマンティックセグメンテーション技術を用いた短編映像を制作してみました

TensorFlowが公開しているDeepLabというセマンティックセグメンテーション用の機械学習モデルを用いた短編映像を作ってみました。セグメンテーションして出力したマスク映像に対して、TouchDesignerを用いたエフェクトをかけています。 いわゆるプログラミン…

【ダンスAI】情動状態の判別・可視化に関する動画を公開しました【機械学習】

直近のダンスAI研究開発で取り組んでいるスマートフォンを用いた情動状態の判別・可視化について動画にまとめました! 直近のダンスAI研究開発で取り組んでいるスマートフォンを用いた情動状態の判別・可視化について動画にまとめました!別途作成中の学会発…

【WIP】感情と色の関係を可視化するインスタレーション「EMOTION BEHIND COLOR」を制作しました

最近の制作物のご紹介です(まだアップデート予定なのでWIPとしています)。 感情と色の関係を可視化するインスタレーションを制作しています。AIが単眼カメラのみで人物を検出し表情を識別、そして心理学者でもあるプルチック氏の「感情の輪」に基づき真っ…

【デザイニウム】PoseNetとDrumsRNNを使って「BodyDrum」というリズムアクションゲームを作りました【TensorFlow.js】

いきなりですが、まずはデモ動画をご覧ください。 www.youtube.com ざっくり解説しますと、JavaScriptによるWebブラウザベースのリズムアクションゲームです。使用している技術としては主に以下のものとなります。 TensorFlow.jsを経由してPoseNetを使い単眼…

【Windows 10】tensorflow-gpuの環境構築メモ

基本は公式の以下URLを参照。 www.tensorflow.org また先日リリースされましたTensorFlow 2.1.0よりデフォルトのpipパッケージ内にGPUサポートも含まれるようになったようです。以前のように「pip install tensorflow-gpu」とする必要はなくなりました。 git…

【JavaScript】USB接続のWebカメラから映像を取得する方法【p5.js】

JavaScript(描画周りでp5.js使ってます)でPC内蔵カメラではなく、USB接続のWebカメラから映像を取得する方法を備忘録としてメモ。MediaDevices.enumeratedDevices()というWeb APIを使ってデバイスのIDを取得することができます。リンク先にもサンプルコー…

【Xcode11】openFrameworks0.10.1にてビルド時にエラー「Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1」

久しぶりにopenFrameworks(ver 0.10.1)を触ろうとしたら、ビルド時に「Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1」のエラーが発生。これは証明書周りでよく起こるイメージですが…… 調べてみるとXcodeのバージョンアップによるものみたいです。最…