ダークサイドにようこそ!

ダンスしたりアプリ開発したり旅したりしているBBOYのブログ

【Google Earth】時空断裂的に東海道五十三次を巡る映像を制作した話【TouchDesigner】

起点の江戸(日本橋)から終点の京都(三条大橋)まで、53の宿場を巡りながら時空断裂的に旅する映像を制作しました。動画はこちら。

 

youtu.be

制作にはGoogle Earth ProTouchDesigner(仕上げの微調整にAdobe Premiere Pro)を使いました。ざっくり解説していきます。

 

Google Earth Pro

f:id:hahaeatora:20200516200856p:plain

ベースとなる3Dの航空写真を動かしたような映像にはGoogle Earth Proを使用します。こちらにはツアーという機能があり地図上の移動操作を記録することができます(カメラの細かい設定もあるようでしたが今回は使いませんでした)。東海道五十三次の座標情報についてはウィキペディアを参照しひたすらGoogle Earth上で検索、場所リストに追加していきます(大変だった……)。そうして記録したツアーを動画ファイルとして書き出します。宿場によってその間の距離が近かったり遠かったりするのが面白かったです。

ちなみに今回Google Earthを使うにあたって利用規約も色々と確認しました。ピンとくる感じでは書かれていないのですが「Google Earth」ロゴを消したりするのはダメっぽいです。その辺の条件はGoogleマップストリートビューと微妙に異なる雰囲気。

Permissions – Google

Google マップ/Earth 追加利用規約 – Google

 

TouchDesigner

f:id:hahaeatora:20200516204730p:plain

映像にエフェクトをかけるのにはTouchDesignerを使用します。時空断裂的と書いていますが要するにスリットスキャンを使いました。この手法についての説明は橋本麦さんの記事が面白かったです。また、TDでのスリットスキャンのやり方については以下のチュートリアルも参考にさせていただきました。

スリットスキャンの応用 | 麦 Baku

Slit Scan - Touchdesigner tutorial

 

余談ですが、スリットスキャンの応用でこんな感じの映像も作れます。今回制作した映像は背景が固定されていないのでちょっと分かりにくいのですが、動画や楽曲の進行に合わせてエフェクトのかけ方も微妙に変わるようにしています。高速地殻変動とでも言いますか、地図がグニャグニャ動く感じを表現してみました(もうちょっと凝ってもよかったな……)。

 

さいごに

今回の映像にはRinさん(クロネコラウンジ)の「Toukaidou set 01 ~ ヒロシゲ36号」を使わせていただきました。昔から旅するときには毎回聴いている大好きな楽曲で今回のテーマ的にはこれしかないと思いました。もちろん、原作の東方Projectは最高です。

卯酉東海道とは (ボウユウトウカイドウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

あと、普通に東海道五十三次の解説的な動画も見たいというご要望もいただいております(私も制作しながらエフェクト無しの普通verあった方が良いなと思いました笑)。ただけっこう制作の時間もかかるのでめちゃくちゃ暇になったらやるかもしれません!最後に映像からキャプチャした画像をいくつか載せておしまいです。 #GenerativeMap

 

f:id:hahaeatora:20200516214025p:plain

f:id:hahaeatora:20200516214049p:plain

f:id:hahaeatora:20200516214118p:plain

f:id:hahaeatora:20200516214146p:plain

 

 

hahaeatora.hateblo.jp