ダークサイドにようこそ!

ダンスしたりアプリ開発したり旅したりしているBBOYのブログ

自己都合退職ですぐ再就職する場合は失業保険や再就職手当がもらえないかもよ

会社を自己都合退職したのち、例えば1ヶ月ほどの間を空けて再就職した場合は失業保険や再就職手当がもらえない場合があります。私も最近このパターンを知ったので備忘録として記事に残しておきます。

www.hellowork.go.jp

 

まずはハローワークにて受給資格の確認と説明会を受けて資格認定されたとしましょう。その後にまず1週間の待機期間というものがあり、会社都合or自己都合退職であってもその期間は失業手当はもらえません。

その後、自己都合退職の場合は3ヶ月の給付制限というものが存在します。給付制限期間を過ぎないと失業手当はもらえないのです。ではその間に再就職する場合は受給資格認定された意味ないぞと思われるかもしれないのですが、実は再就職手当というものもあるのです。これは失業保険の残期間などによって金額が決定し、給付制限期間中の再就職であっても貰うことができます。

 

f:id:hahaeatora:20191104002944p:plain

ただし、再就職日が給付制限期間はじめの1ヶ月中にあたる場合はまだ注意が必要です。この間に再就職手当がもらえるのは、ハローワークや職業紹介事業者の紹介で再就職した場合に限るのです!

職業紹介事業者とはざっくりいうとエージェントサービスのことです(有名どころはリクルートエージェントなど)。逆に求人情報ウェブサイトを通して自分で応募し再就職した場合は再就職手当がもらえません!例えば私はWantedlyなど使っていますが、こういったサービスではダメなのでした。再就職手当を受ける場合は"紹介証明書"というものが必要ですので、エージェントサービス利用時はちゃんと発行してもらえるか確認するのがよいでしょう。

 

まとめ

以上、自己都合退職ですぐ再就職する場合の注意点について説明しました。まとめると再就職手当をもらいたい場合は、失業保険の受給資格認定から1週間(待機期間)+1ヶ月(給付制限期間のはじめ)の間が必要ということでした。

hahaeatora.hateblo.jp

hahaeatora.hateblo.jp