ダークサイドにようこそ!

FollowTheDarksideの諸行は無常

ダンスシーン(B-BOYING)におけるバイト問題について考えてみる

ダンスシーン(主にブレイク)で揉め事の原因にもなりやすいバイトについて考えてみる。

※あくまで私個人の意見です。

そもそもバイトとは

いわゆるパクリのことです。すでに誰かがやっている動き(スタイル)を別の人がやると、「あいつバイトや!」って言ってBBOYはディスったりします(両腕を曲げて上下にパクパクさせるジェスチャー)。

どこまでがバイトなのか

ここで論点になりやすいのが、どこまでがバイトでどこからがバイトではないのか。

6歩みたいなザ・ベーシック的な動きはやってもディスられることはないですが、明らかに特定の人しかやっていないような動きをやるとディスられます。ただその特定の動きがある程度の市民権?を得てやってる人が増えてくるとバイトと言われなくなったりもします(そんな気がします)。

パワームーブがけっこう分かりやすいかもしれません。ワンハンドエルボーエアーは最初にやったのがHAVIKOROのBOYと言われたりしますが(世界中にBBOYはいるので本当の意味で最初に誰がやったのかは分かりませんが)、今ではパワー上手い人はみんなバトルでもやってたりします。

あと、その動きを生み出した人が自分のワークショップで普通にそれをレクチャーしてたりもします。

ある動きが市民権?を得るまでの過程も不明だし、どこまで定着したらバイトと言われなくなるのかも不明ですが、個人的には各々のマインドの問題かなと思っています。

バイトかどうかは自分で判断する

バトルに出ると何でもかんでもバイトってディスってくる人もいますが(この記事ではそういう人に対して特に否定をするつもりはありません)、そこで大事なのはその人が言っていることではなく、自分がその動きをオリジナル!って自信を持って言えるかどうかだと私は思っています。

他のものからインスピレーションを受けて考えたとか、なんとなく練習中に動いていたら自然に生まれたとか、きっかけは何でも構わないのですが「これは俺が生み出した!」って自信を持って言えるのであれば自信を持ってそのネタをやればいいんじゃないでしょうか。

逆に「これは〇〇のバイトかも……」って少しでもモヤモヤが残るならそれはバイトなのかもしれません。ここで大事なのは、他の人にそれ〇〇っぽいな!と言われたからバイトかもって思うのではなく、自分自身がどう思っているかという点です。

後になって別の人とネタが被ってた!と気付く場合もあるんですが、そこはより質を高めていくか自分なりのアレンジを加えていくのが良いのではないでしょうか(もしくはその人をコールアウトしちゃうとか……そんなにオススメはしないけど)。

HIPHOPはサンプリングを主体としたカルチャーなので、他から得たインスピレーションを自分なりに昇華させるのが大切でしょう(他の分野でも言えることですが、本当の意味での"0"から生み出すっていうのはそうそうありません)。

あと、動き自体は同じだけどやってる人のフローや見せ方が個性的過ぎてその人のオリジナルに見えるってのも、それはそれでありかもしれません(というかこれもその人の気持ち次第)。

 

昔は自分もちょくちょくバイトジェスチャーをしたりもしたけど、最近はあんまりしなくなったなあ……

良い意味でも悪い意味でも落ち着いてきた感があります笑

 

話はちょっとそれますが、このダンスAIはいわゆる"オリジナル"をもっと追求していくプロジェクトになっております。ぜひ今後もチェックしてください!

youtu.be